t-d’s blog

京大卒のITコンサルタントによるブログです。

老後資金はいくら必要?20代のITコンサルタントが本気で老後資金について考えてみた

 

 

老後資金はいくら必要?

老後(リタイアしてから死ぬまで)の資金について検討してみよう。
65歳でリタイアするとして90歳まで生きる場合、いわゆる老後と呼ばれる期間が25年間となる。
誰しも老後は、旅行に行ったり趣味に没頭したりするなどして悠悠自適な生活を送りたいものである。

そのため、ここでは夫婦二人の生活費が年間500万円と仮定(今後のインフレ等を考慮)する。
年間の生活費が500万円というのは少し余裕のある数値で算出しているが決して贅沢な生活ではないし現実的な数字であろう。

老後の25年間を年間500万円の生活費で生活した場合、必要な老後資金は

 

25年間×500万円=1億2,500万円

 

なんと、1億2,500万円である。

 

概算ではあるが65歳までに1億2,500万円分の貯蓄がないと老後破産する可能性があるのである。(あくまで資金が底を尽きる可能性があるという意味)
ただし、実際には年金が支給されるので1億2,500万円よりも低い金額となるが、それでも1億円くらいの貯蓄は必要であろう。

年間ためなければいけない金額は?

まず、説明するまでもなく、老後の資金を準備できる期間は働いている期間である。
ここでは25歳から65歳までの40年間で上記の額をためるとすると年間平均で

 

1億2,500万円÷40=312.5万円

 

約300万円の貯蓄をしなければならない。共働きだとしても一人160万円近くを貯めなければいけない計算となる。
子育てしてるともう無理じゃね??(一人当たり平均2,000万円から3,000万円かかる)

どうやって老後資金を確保する?

老後資金確保の手段としては以下の方法があげられる。

  1. 確定拠出年金
  2. 個人年金保険
  3. 投資信託株式投資

 

 1.確定拠出年金について

確定拠出年金のメリットについては以下のサイトでまとめられているのでこちらを参照ください。

dc.rakuten-sec.co.jp

 

 2.個人年金保険について

今流行の個人年金保険のメリットデメリットについてはこちらでまとめられているのでご参照ください。
簡単にポイントだけ説明すると、ズバリポイントは節税です。
所得税の控除対象となるだけでも入る価値はあると思います。

zuuonline.com

 3.投資信託株式投資について
ハイリスクハイリターンの金融商品であるため、性質上確定拠出年金個人年金保険に比べてリスクが高い点が老後資金の形成には向かない。